/

この記事は会員限定です

三菱マテリアル、米ファンドにアルミ事業売却 600億円

(更新) [有料会員限定]

三菱マテリアルは25日、自動車部品などに使うアルミニウム事業を米投資ファンドのアポロ・グローバル・マネジメントに売却すると発表した。譲渡額は負債も含め約600億円。アルミ市場は世界的な成長が期待される一方、国内4位の規模では拡張投資を続けられないと判断。電気自動車(EV)向け銅加工品など得意とする分野に経営資源を集中させる。

売却するのは、子会社の三菱アルミニウムとユニバーサル製缶(東京・文京)。飲料缶向けのア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン