/

この記事は会員限定です

新型聴診器のAMI、日清紡HDと資本業務提携

[有料会員限定]

新型聴診器を開発するAMI(熊本県水俣市)が日清紡ホールディングス(HD)と資本業務提携する。日清紡HDはヘルスケア領域に注力しており、AMIとの提携を通じて遠隔医療事業の開発につなげる考えだ。AMIは開発資金として日清紡HDから1億5000万円、肥銀キャピタルから1億円をJ-KISS型新株予約権方式で調達する。

AMIは循環器内科医の小川晋平社長が2015年に立ち上げたスタートアップ。診断補助...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン