/

この記事は会員限定です

日立、車部品子会社のIPOが選択肢に IoT戦略とズレ

広井洋一郎

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日立製作所の自動車部品子会社、日立Astemo(アステモ)に新規株式公開(IPO)や外部資本の受け入れが将来の選択肢に入った。アステモが注力するEV(電気自動車)分野は市場拡大が見込めるが、ネットにつながるIoTを軸とする日立の成長戦略とのズレも出ている。事業構造改革が完遂に向かうなか、2023年3月期から始まる次期中期経営計画の新たな焦点となる。

「グローバルな競争で勝ち抜くために、アステモの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1985文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません