/

この記事は会員限定です

シンガポールのフィンテックSpenmo、評価額再調整か

[有料会員限定]

シンガポールに拠点を置く支出管理ソフトウエアSpenmoが1年近く前のラウンドよりも低い企業評価額で資金調達の交渉を進めていることが、関係者の話で明らかになった。Spenmoは1月、米大手ファンド、タイガー・グローバル・マネジメント率いるシリーズBラウンドで8535万ドル(約118億円)を調達し、企業価値を5億ドルとしていた。

関係筋によると、今回の資金調達はSpenmoの投資家と同社の共同創業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日本経済新聞社は、東南アジア各国で投資ファンドやスタートアップ企業の動向を追うシンガポール新興メディア「ディールストリートアジア」と協力しています。同社のスタートアップ企業やテクノロジーに関する記事の日本語要約を日経電子版に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません