/

この記事は会員限定です

伊藤忠、太陽光発電の余剰電力を販売 一般消費者に

[有料会員限定]

伊藤忠商事は自家消費で余った太陽光発電の電力を一般消費者に供給する事業を始める。自家消費用の太陽光発電は、電力を使いきれないと考える施設や店舗が多く普及が足踏みしていた。余剰電力を融通する仕組みをつくり、設備の設置を後押しする。

伊藤忠やJパワーなどが出資するVPPジャパン(東京・千代田)が、物流施設や店舗に太陽光発電の設備を設置する。伊藤忠系の新電力アイ・グリッド・ソリューションズ(東京・千代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン