/

この記事は会員限定です

米国との連携へ布石 政府、軍事転用技術の流出を警戒

[有料会員限定]

政府は大学からの技術流出を防ぐ対策を強化する。外国企業との結びつきなどを研究者に申告させ、虚偽があれば研究資金の助成を制限する。各国が開発にしのぎを削る人工知能(AI)や量子技術などが他国に流れ、軍用に転用される懸念などに対処する。

政府の統合イノベーション戦略推進会議(議長・加藤勝信官房長官)が27日の会合で決めた。研究者が公的な研究資金制度に申し込む際、海外を含む外部機関からの資金の受け入れ状...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン