/

この記事は会員限定です

アストロスケール124億円調達 デブリ除去衛星を量産へ

[有料会員限定]

宇宙ごみ(デブリ)除去サービスのアストロスケールホールディングス(東京・墨田)は、スタートアップ支援のシニフィアン(東京・港)とみずほキャピタル(東京・千代田)が共同運営する「THE FUND」などを引受先とする第三者割当増資で約124億円を調達した。デブリ除去衛星の量産施設の整備や軌道上の衛星の運用期間を延長するサービスの技術開発などに充てる。

アストロスケールは、独自に開発した人工衛星を使って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン