/

この記事は会員限定です

海賊版サイト、抑止へ国際網 新組織がホットライン

(更新) [有料会員限定]

年間1兆円を超える漫画や映画の海賊版サイト被害の抑止に向けて、国際的な取り組みが始動した。日米中や東南アジア各国の政府機関や著作権団体が入る新組織「国際海賊版対策機構(IAPO)」が26日、オンラインで初会合を開いた。海賊版サイトの運営者情報を共有するホットラインを創設し、捜査当局にも参加を促し閉鎖や摘発につなげる。

発足当初の事務局は日本の業界団体、コンテンツ海外流通促進機構(CODA)が担う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン