/

この記事は会員限定です

不妊治療向け細菌検査を海外展開 バリノス、年内めど

[有料会員限定]

不妊治療向けに子宮内の善玉菌の検査サービスを手掛けるバリノス(東京・江東)は、2022年内をめどに海外へ事業を展開する。第1弾は東南アジアになる見通しで、将来は欧州や米国への参入も狙う。27年までに売上高に占める海外比率を5割へ高める目標だ。

検査体制の拡充や営業人材の採用に充てるため、ベンチャーキャピタル(VC)のファストトラックイニシアティブやエンジェルブリッジなど計7社を引受先とする第三者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません