/

9月の外食売上高8%減 緊急事態宣言で2カ月連続減

日本フードサービス協会(東京・港)が25日発表した9月の外食売上高(全店ベース)は、前年同月比8%減だった。前年実績を下回るのは2カ月連続で、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年9月比では22%減となった。緊急事態宣言の延長により、飲食店への時短要請や酒類提供制限が響いた。

9月の客数は前年同月から7%減、客単価は1%減だった。

業種別の売上高では「パブ・居酒屋」が前年同月比80%減と4カ月連続で前年実績を下回った。19年9月比では91%減った。夜の酒類提供を主体とする業態では休業する飲食店も相次いだ。外食需要が戻りつつあった昨秋の反動もあり、8月(前年同月比69%減)からさらに減少率が悪化した。

「ファミリーレストラン」も同25%減と8月(同21%減)からさらに減少率が拡大。「ガスト」を展開するすかいらーくホールディングスの9月の既存店売上高は19年9月と比べ、4割減の水準だった。

持ち帰りや宅配を取り込む「ファストフード」は前年同月比5%増と底堅い。日本KFCホールディングスの9月の既存店売上高は19年9月と比べて、27%増えた。日本マクドナルドホールディングスも前年同月比15%増と20年7月以降、15カ月連続で前年からプラスで推移する。

東京都や大阪府などでは25日に営業時間の短縮要請が解除された。足元の市場動向について「10月上旬に比べると需要は回復に向かっている一方、本格的な回復とはまだいえない」(同協会)と話す。感染「第6波」の懸念もくすぶり、外食需要の本格的な回復には時間がかかる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン