/

日産、連続事故も緊急回避 自動運転の技術を開発

日産自動車は25日、自動運転の一環で、連続する事故など複雑な事態を緊急回避する技術を開発したと発表した。次世代センサー「LiDAR(ライダー)」などを搭載し、自社開発したアルゴリズムで周囲の状況をリアルタイムで把握する。日産は2020年代半ばまでに技術開発を完了させ、30年にほぼ全ての新車への搭載を目指す考えだ。

開発した試作車を25日に公開した。試作車には1台のライダー、7台のレーダー、10台のカメラを搭載した。3つの機器の機能を組み合わせることで300メートル以上離れた障害物も捕捉できるようにしたほか、ナビを使わなくても位置を正確に把握できるようにした。

周辺環境を把握する性能に加え、ライダーなどから集めた情報をリアルタイムで分析する車両制御のアルゴリズムも自社で開発。こうした技術を合わせ、連続する事故を瞬時に回避できる技術を実現した。日産の浅見孝雄専務執行役員は緊急回避の操作に関して「(他社に比べて)我々の開発は比較的進んでいる」と強調した。

技術開発にあたっては新興企業との連携も広げている。ライダーでは米ルミナー・テクノロジーズ社、自動運転のシミュレーション技術ではシリコンバレー発のアプライド・インテューイション社と連携している。日産は今後、生産コストを削減するとともに安全性をさらに向上し、量産化に向けた道筋をつける構えだ。

同日には試作車での実際の走行試験の様子もオンラインで公開した。前方で急に現れた車をよけた先で、人も急に飛び出してくる状況で、連続する緊急事態を自動で回避する性能を示した。

自動運転の領域には世界の競合が力を入れている。自動化の度合いによりレベルが分けられており、日産の新型電気自動車(EV)の「アリア」は、高速道路での手放し運転ができる「レベル2」相当の自動化機能を持つ。一方で、日産の今回の技術は日常的に起こる可能性がある事故を想定したものだ。浅見専務執行役員は「必ずしも自動化のレベルの話と直結するものではない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン