/

この記事は会員限定です

キオクシア・WD半導体統合交渉が難航 年内IPOも見送り

[有料会員限定]

記憶用半導体大手キオクシアホールディングスと米ウエスタンデジタル(WD)の統合交渉が難航している。中国の独禁当局の動きを警戒しているほか、統合後の新会社の本拠地を日本と米国のどちらかに置くかでも意見が割れたままだ。記憶用半導体は市況の変調もあり、統合案と両にらみで時期を探っていた新規株式公開(IPO)も2021年内の実現は難しくなった。

「中国が黙っているわけがない」。10月26日のキオクシア取締...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン