/

この記事は会員限定です

ローソン、冷凍食品を拡充 マカロンから刺し身まで

[有料会員限定]

ローソンは25日、2025年度に冷凍食品の売上高を20年度の5倍に引き上げる目標を発表した。まず冷凍の弁当やデザートの品ぞろえを増やし、年明けには刺し身を発売する。21年度中に約5000店舗を改装して冷凍食品の棚を増やす。竹増貞信社長はおにぎりなど一部商品を除き、賞味期限の短い食品を「冷凍食品か店内で調理した弁当に変えていく」と語った。

コロナ禍で冷凍食品のニーズが増している。ローソンの冷凍食品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン