/

この記事は会員限定です

調剤薬局、立地より接客重視へ アインは全店で認定店

[有料会員限定]

調剤薬局大手が普段の健康相談や持病について治療や高度な助言をする「認定薬局」の認定取得を急いでいる。最大手のアインホールディングスは2025年度までに全店で取得をめざし、総合メディカルなども専用の人材育成制度を導入した。オンライン服薬指導が普及すれば立地にかかわらず接客の質で選ばれるようになるため、医療機関の受診前に気軽に相談できる拠点として生き残りを目指す。

薬局の認定制度は医薬品医療機器等法の改正で8月に始まった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン