/

この記事は会員限定です

マレリ、戦略なき統合が重荷に 相乗効果出ず法的整理へ

[有料会員限定]

マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)が私的整理から一転、法的整理で再建を目指すことになった。日産自動車と欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA、現ステランティス)という大きな後ろ盾を持つ部品会社が統合し、「メガサプライヤー」を目指した戦略はわずか3年で瓦解した。得意分野が異なる両社は統合効果を発揮しきれず、単純な規模拡大は電動車など成長分野への集中投資も遅らせた。戦略...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン