/

ソフトバンク、ドローン中継機で災害時の通信早期復旧

日経クロステック

ソフトバンクは22日、災害時などに通信サービスをドローンで中継するシステムの運用を22年7月に始めたと発表した。まず同社の関東エリア拠点に配備し、全国の拠点に順次拡大する。新システムにより自然災害などで障害が起こったサービスエリアでも素早く復旧できるようになり、一段と安定した通信サービスの提供を目指す。

新システム「有線給電ドローン無線中継システム」はドローンに搭載した無線中継装置の子機と、地上に設置する無線中継装置の親機から成る。ドローンを地上100メートルに滞空させ、郊外では半径3キロメートル以上、見通しのよいエリアならば半径5キロメートル以上のサービスエリアを確保できるとする。機材を載せたワンボックスカーで現地に到着してから30分以内に展開し、地上からの有線給電によってドローンを連続100時間以上運用できるという。

ドローンのベースは双葉電子工業製で、ソフトバンクと東京工業大学、双葉電子が共同で有線給電対応版に改造した。ドローンは自律飛行を基本とするが、天候の変化への対応などを想定し、遠隔地からの手動操縦もできる。

(日経クロステック/日経NETWORK 大川原拓磨)

[日経クロステック 2022年7月22日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン