/

JALとNRIデジタル、ファーストクラス用ラウンジアプリ

日経クロステック

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)の子会社であるNRIデジタル(横浜市)は24日、デジタル技術を駆使したファーストクラスのラウンジ向けサービスの実証実験を11月1日に始めたと発表した。インストールが不要なスマートフォンアプリを使って、シャワールームの予約や食事の注文を受け付ける。

米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」が搭載する「アップクリップ」と呼ぶ機能を使い、ユーザーが特定のアプリをインストールすることなく、アプリの一部機能を利用できるようにした。これにより、ラウンジのサービスを利用する前にアプリをダウンロードしたり、メールアドレスを登録したりする手間が省ける。

羽田空港および成田空港の国際線JALファーストクラスラウンジでサービスを提供する。実証実験の期間は12月31日までの予定である。

(日経クロステック 島津忠承)

[日経クロステック 2021年11月24日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン