/

この記事は会員限定です

産業史や技術史の学びに最適、企業博物館 渋さも魅力

[有料会員限定]

産業の歴史や技術を手厚く紹介する企業博物館が存在感を示している。資産を生かした史料の展示が強みで、企業の枠を超えて産業全体を紹介する。物流や印刷など「渋い」テーマも多い。親子連れが楽しめそうな博物館をめぐった。

所蔵史料は約7万点

凸版印刷が運営する印刷博物館(東京・文京)を平日の昼間に訪れると、スーツ姿の男性が展示パネルをまじまじと見つめていた。学芸員の式洋子さんは「凸版印刷の営業担当が取引先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン