/

この記事は会員限定です

イスラエルの電池レス技術、ソフトバンク系が出資

[有料会員限定]

イスラエルに本社を置くスタートアップのウィリオットは、ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド2」などから2億㌦(約220億円)を調達した。電池無しで使える無線通信機とセンサーを組み合わせたセンサータグを強みとする。2021年には200万個以上のセンサータグを出荷する見込みで、日本でも事業展開する。

今回の資金調達は事業が安定成長に入った段階の「シリーズC」となる。ウィリオットは周囲の電波を電力に変...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン