/

この記事は会員限定です

ベトナム食料品のHomefarm、25年までに1000店めざす

[有料会員限定]

中国の電子商取引(EC)最大手アリババ集団の投資ファンド、eWTPテクノロジー・アンド・イノベーション・ファンドがベトナムの輸入食料品店Homefarmに出資したことが、ディールストリートアジア(DSA)の取材で明らかになった。出資額は公表されていない。

HomefarmのTran Van Truong最高経営責任者(CEO)は出資額について「7桁」だと明かした上で「調達した資金で店舗網を拡大する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、東南アジア各国で投資ファンドやスタートアップ企業の動向を追うシンガポール新興メディア「ディールストリートアジア」と協力しています。同社のスタートアップ企業やテクノロジーに関する記事の日本語要約を日経電子版に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン