/

ENEOS、和歌山製油所を閉鎖へ ガソリン需要減少で

ENEOSホールディングスが和歌山製油所(和歌山県有田市)を閉鎖する検討を始めたことが、24日わかった。ガソリン需要が落ち込むなか、同社は製造拠点の再編のため、老朽化した製油所の閉鎖を進めている。

同社によると、和歌山製油所は1941年に操業を開始した。原油処理能力は日量12万7500バレル。これは2021年3月時点での同社全体の約7%にあたる。近年は設備の老朽化で事故が多発しており、同社の主力事業であるエネルギー事業の業績悪化の一因となっていた。

自動車の電動化や国内の人口減少で石油製品の需要減少が続き、企業統合を繰り返してきたENEOSは余剰生産能力を抱えている。近年では大阪製油所(大阪府高石市)の生産を停止したほか、根岸製油所(横浜市)でも一部装置の停止を決めるなど、生産拠点の再編を進めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン