/

この記事は会員限定です

キリンのミャンマー合弁解消問題の行方、専門家に聞く

[有料会員限定]

キリンホールディングス(HD)がミャンマーで合弁で展開するビール事業の先行きが見えない。キリンHDが合弁相手の国軍系企業ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)との合弁解消を求めるなか、MEHLが会社清算を申し立てるなど、互いに司法や仲裁手続きに入っている。今後、合弁解消問題はどう進むのか。現地の法律に詳しい西村あさひ法律事務所ヤンゴン事務所代表の湯川雄介弁護士と、国際仲裁に詳しい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン