/

この記事は会員限定です

多過ぎ中性脂肪の脂質異常症、新指針は食後値にも注目

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

忘年会など飲み会が増える季節だ。健康診断の血液検査でコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)の値が気になってくる人も多いだろう。かつては「高脂血症」と呼ばれた「脂質異常症」につながってしまう。放置していると動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高める。基準値を外れていれば食事などの生活習慣を改善することが大切だ。

日本動脈硬化学会は2022年7月、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」を5年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2074文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません