/

この記事は会員限定です

オホーツク小豆、十勝に続け 国産の安定供給で注目

[有料会員限定]

ようかんやおはぎなど和菓子に使うあんこの原料となる小豆。国内の主産地・北海道の中でも十勝地方が作付面積の7割を占める。2016年、18年と十勝で台風や天候不良によって小豆の収穫量が減少すると、国内の小豆の需給が不安定になった。国産小豆の安定供給に向けて最近注目度を高めるのが、同じ北海道のオホーツク地方だ。

テレビ通販大手のジュピターショップチャンネル(東京・江東)と創業約70年の老舗製あん会社、遠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン