/

この記事は会員限定です

日本水産、国内養殖の営業益2倍に 交配で効率向上

[有料会員限定]

日本水産は国内の養殖事業の営業利益を3年後をめどに2倍にする。国内で養殖を手がけるブリやサーモン、カンパチなどを対象に、交配によって早く大きく魚を育てて養殖の効率を高める。今期から新たに始めたサケの養殖事業も拡大する。水産物価格などの相場変動に左右されにくい収益構造を整える。

2022年3月期の国内養殖事業の営業利益は20億円ほどだった。25年3月期に40億円前後にするのを目指す。国内の養殖は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン