/

卵子凍結から生理用品まで 世界の新興フェムテック企業

CBINSIGHTS
妊娠や避妊などの生殖関係や授乳、更年期の疾患に至るまで女性が抱える悩みは様々だ。どの国でも共通して存在するこれら女性に特有の問題を、技術を使って解決しようとするフェムテックが盛んだ。CBインサイツが世界の初期段階のフェムテックスタートアップの動向を分野ごとに分析した。
日本経済新聞社は、スタートアップ企業やそれに投資するベンチャーキャピタルなどの動向を調査・分析する米CBインサイツ(ニューヨーク)と業務提携しています。同社の発行するスタートアップ企業やテクノロジーに関するリポートを日本語に翻訳し、日経電子版に週2回掲載しています。

女性の健康とウエルネスはヘルスケアテック市場の小規模だが成長している分野だ。2025年には世界の「フェムテック(Female=女性とテクノロジーを組み合わせた造語)」市場の規模は500億ドル(約6兆3000億円)相当に達するとみられている。

この分野の企業は女性や生物学的女性の個人だけに影響するか、特有の方法で影響を受ける問題に対処するため、ソフトウエアや製品、サービスを駆使した解決策を開発し、提供している。ある企業は避妊や生理、妊娠にまつわる解決策を開発している。がんや更年期などの領域でもイノベーション(技術革新)が起きている。

今回はCBインサイツのデータを活用し、女性の健康とウエルネスの増進に取り組むアーリーステージ(初期段階)のスタートアップ約100社を抜き出した。

この図は未上場企業だけで構成し、この分野を網羅してはいない。カテゴリーは一部重複しており、各社を主な活用事例に応じて配置した。

カテゴリーの内訳

がん:乳がんや婦人科系のがんのスクリーニング検査や診断検査、治療を手掛ける企業。

例えば、オランダのシリウスメディカル(Sirius Medical)は乳がん手術での切除を支援する腫瘍ナビゲーション技術を開発している。一方、スペインのフロントウエーブ・イメージング(Frontwave Imaging)は乳がんの診断精度を向上させる乳房組織の画像解析ソフトウエアを提供する。

生殖医療:体外受精の生殖補助技術から卵子凍結保存、女性の生殖バイオマーカー(体内指標物質)の検査やモニタリングまで、女性の生殖機能を対象にした解決策を手掛ける企業。

例えば、米プルーブ(Proov)は黄体形成ホルモンを測定して排卵日を予測する在宅検査キットを販売している。英ハーティリティー・ヘルス(Hertility Health)は指先から少量の血液を採取して生殖機能を分析する検査キットを提供し、米ケッグ(kegg)はホルモンの変化を知るために頸管(けいかん)粘液(おりもの)を分析するコネクテッド(つながる)デバイスを手掛ける。

不妊治療の精度や予測性の向上に取り組んでいる企業もある。米ゲノミック・プレディクション(Genomic Prediction)は体外受精での着床前の遺伝子検査を開発している。カナダのフューチャー・ファーティリティー(Future Fertility)は卵子の質を分析し、患者の卵子凍結保存や体外受精の結果予測を支援する。

米ストーククラブ(Stork Club)や英ガイア(Gaia)などは不妊治療に特化した保険や融資を手掛ける。

総合医療:広範な健康問題に対処するため、女性を対象に個別の情報やサービスを提供する企業。例えば、米キイラヘルス(Kiira Health)はオンライン治療プラットフォームを運営している。米ハーエムディー(HerMD)もオンライン診療を手掛ける。

フランスのナブラ(Nabla)は皮膚科医、助産師、栄養士、産婦人科医、心理学者など女性の健康にまつわる医療従事者がチャットで支援を提供する。

婦人科:子宮内膜症、骨盤底障害、多嚢(のう)胞性卵巣症候群(PCOS)などの疾患に対処するデジタルシステムを提供する企業。

例えば、英シロナ・ウイメン(Syrona Women)は子宮内膜症やPCOSに関する症状の追跡や管理を支援するモバイルアプリを手掛ける。米ヘラ・バイオテック(Hera Biotech)は体への負担が少ない低侵襲の子宮内膜症の診断検査を開発している。

骨盤にまつわる問題に対処するため、カナダのハイアイビー・へルス(Hyivy Health)は追跡可能なデータを生成し、ネットを通じて医師に送信する骨盤リハビリ機器を提供している。

生理:ナプキンやタンポン、女性向けの関連衛生用品などの生理用品を提供する企業。

米アシーナ・クラブ(Athena Club)、米フェムリー(Femly)、インドのヌア(Nua)はサブスクリプション(継続課金)型の生理用品配達サービスを手掛ける。

メンタルヘルスとウエルビーイング:女性向けに問題行動の医療サービスを提供する企業。

米ルナジョイ(LunaJoy)はカウンセリング、セラピー、薬物療法管理など女性を対象にしたメンタルヘルスのプラットフォームを運営する。米シー・マターズ(She Matters)は産後の不安やうつに悩む黒人女性を支援するSNS(交流サイト)だ。

幻覚剤を用いるバイオ技術という比較的新しい分野では、米アフロダイト・ヘルス(Aphrodite Health)が女性の心身の健康にまつわる薬の開発に力を入れている。同社はホルモンに関連した気分障害の治療薬を発売する計画だ。

更年期:女性が更年期や関連する中年期の健康問題を乗り切る策を提供する企業。米アロイ(Alloy)や米エレクトラ・ヘルス(Elektra Health)など多くの企業が遠隔医療プラットフォームを開発し、更年期の専門家に直接アクセスする手段を提供している。

遠隔医療に注目が集まっているが、デジタル医療(デジタルセラピューティクス、DTx)に力を入れている企業もある。例えば、英ビラへルス(Vira Health)は一人ひとりに応じた更年期の症状の治療を提供するアプリを手掛ける。

性の健康とウエルネス:女性の性生活向上に向け、経口避妊薬(ピル)などの製品やサービスを提供する企業。

例えば、米ロージー(Rosy)は性教育の情報やコンテンツのライブラリーなどを備えたモバイルアプリを手掛ける。女性を性問題の専門家とつなぐ遠隔医療サービスも提供している。

米アディン(Adyn)、米イーズ(Ease)、英チューン(Tuune)など、オンライン診療に基づいてピルを処方するD2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)プラットフォームも勢いを増している。

妊産婦と胎児の健康:産前から産後まで妊娠のあらゆる段階の治療を支える製品・サービスを提供する企業。

米ザヤケア(Zaya Care)や米カヤバケア(Cayaba Care)は妊産婦が治療を受ける機会を増やすため、保険が適用されるこの分野の専門家と患者をデジタルと往診の両方でつなぐ。

妊産婦と胎児の容体悪化を減らす手段を提供している企業も伸びている。例えば、米レイディアント・オキシメトリー(Raydiant Oximetry)は胎児のモニタリングを改善する診断技術を開発している。米デルフィナ(Delfina)は妊娠合併症の予想リスクスコアを算出するケア管理プラットフォームを提供する。

授乳:母乳育児のあらゆる側面から新米ママを支援する企業。スペインのラクタップ(LactApp)は授乳の専門家へのアクセス、米パンプスポッティング(pumpspotting)は授乳可能な場所についての情報をそれぞれモバイルで提供する。

イスラエルのマイミルク・ラボ(MyMilk Labs)などは母乳検査キットを手掛ける。同社は小型の母乳スキャナー「マイリー(Mylee by MyMilk Labs)」で母乳の成分のデータを収集し、モバイルアプリで知見を提供している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン