サイバー脅迫に「交渉人」 身代金減額、委任リスクも - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

サイバー脅迫に「交渉人」 身代金減額、委任リスクも

[有料会員限定]

企業を狙うランサムウエア(身代金要求型ウイルス)攻撃の脅威を受け、ハッカーとの交渉を担う「交渉人」が登場してきた。サイバー犯罪の知見が乏しい被害企業に代わり、時間の引き延ばしや要求額引き下げを試みる。身代金を支払ったという被害企業は4割に上るとの調べもある。サイバー攻撃が高度になるなか企業は防衛の専門的なノウハウが足らないため、交渉人に頼らざるを得ないケースが出ている。

ランサムウエア攻撃は通常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

サイバー防衛

手口が巧妙化し被害が増えているサイバー攻撃や、それに対する防衛策などに関する最新記事をまとめたページです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません