/

この記事は会員限定です

京都発ベンチャーファンド、米半導体材料に出資

[有料会員限定]

ハードに特化した日本のベンチャーファンド、Monozukuri Ventures(ものづくりベンチャーズ、京都市・米ニューヨーク市、牧野成将社長)は米国の半導体関連企業への出資を通じ、日本の半導体製造・素材関連企業と橋渡しする事業を始める。最先端の半導体関連技術などで協力を促進し、半導体の回路の微細化や効率化につなげる狙いだ。

まず米カーネギーメロン大学発のスタートアップのARIECA(アリエカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン