/

この記事は会員限定です

脱・複合でも買えない投資家 「隠れた価値」に半信半疑

企業財務エディター 森国司

[有料会員限定]

東芝や米ゼネラル・エレクトリック(GE)など複合企業による会社分割計画が相次ぎ明らかになった。複雑な事業構成が経営効率を落とすとして企業価値が割り引かれる「コングロマリット・ディスカウント」が解消されるなら株高材料になるはずだが、実際の株価はさえない。分割後の各事業で高い成長性が期待できるか不透明で、分割が全体の価値を高めるのか、市場が疑問視しているようだ。

「隠れた価値が本当にあるのだろうか」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン