/

ソニーG、北野常務がCTOに 勝本副社長は退任

ソニーグループは24日、北野宏明常務が4月1日付で執行役専務兼最高技術責任者(CTO)に昇格する人事を発表した。現CTOの勝本徹副社長は、6月の定時株主総会で退任する。北野氏は人工知能(AI)研究の第一人者だ。技術面でエレキ、半導体やエンタメ含む多様な事業を支える。

4月1日付の役員人事と取締役候補者を発表した。石塚茂樹副会長は株主総会で代表執行役のみ退任する。取締役候補は吉田憲一郎会長兼社長、十時裕樹副社長ら10人で、社外取締役を含めて全員留任する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン