/

日本水産、家庭向け缶詰など値上げ 7月から最大18%

日本水産は24日、家庭向けの缶詰や瓶詰を値上げすると発表した。7月1日納品分から、30品で出荷価格を約5~18%引き上げる。原材料価格や物流費が足元で上昇しており、今後さらに値上げする可能性もあるとしている。

日本水産が缶詰や瓶詰などの常温食品を値上げするのは3月以来4カ月ぶり。「スルッとふた さば水煮減塩30%」など魚の缶詰や「たらこほぐし」などの瓶詰が対象。缶詰や瓶詰は3月にも3~20%値上げしていたが、原材料費などのコストはすでに改定幅を上回っているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン