/

最強寒波に負けない 「電気代高騰時代」の寒さ対策6選

この冬一番の強烈な寒波が訪れました。東京や大阪、福岡など都市圏でも降雪が予想されています。在宅勤務をする方もいると思いますが、頭が痛いのが高騰する電気料金。暖房を効かせれば電気代が気になり、節電したら寒い。そんな悩みを和らげる、「ハイコスパ」な寒さ対策などを紹介した記事を選びました。(内容や肩書などは掲載当時のものです)

ビジネス・クリップ」は日々の記事の中から、ビジネスに役立つ実践的で、よく読まれた記事を集めたコンテンツです。保存して後から読んでも、取引先に行く前に斜め読みしても。あなたのビジネススキルの向上にお役立てください。

まず「窓」の存在に注目

ガスストーブや石油ファンヒーターなどの暖房器具をどこに置いていますか。室内の熱の半分以上は「窓」から外に逃げていくと言われます。暖房器具は燃えやすいものに近づけすぎないように窓の近くに置き、冷たい空気を温めるといいようです。

「節電ポイント」も利用を

電気代の高騰は続きます。電気料金の領収書をしっかり確認し、料金の内訳を把握することが電気代圧縮の第一歩です。節電で買い物時の割引やポイントの提供を受けられる「節電プログラム」も、電気代をカバーする方法の一つです。

「暖める場所」は暖める

高い電気代は悩ましいですが、体に不調をきたすほどの節電は避けましょう。寒暖差が大きな脱衣所などは、心臓や血管の疾患が起きる「ヒートショック」が起こりやすいといいます。暖めた方がいい場所は暖めるのが大事なようです。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ビジネス・クリップ

ビジネスに役立つ実用的なスキル・ノウハウを紹介した記事をまとめ読みできます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません