/

サイバーエージェント、NFTゲーム参入へ アジアや米で

サイバーエージェントは25日、非代替性トークン(NFT)を活用したゲーム市場に参入すると発表した。2022年秋をめどにアジアや米国など海外市場で、月間利用者数100万人規模のゲーム開発を目指す。独自の暗号通貨による取引が発生するNFTゲームでゲーム事業を強化する。

23日に設立した新会社「CA GameFi(シーエーゲームファイ、東京・渋谷)」でNFTを活用したゲームを開発する。ゲーム内で登場するキャラクターやアイテムを消費者同士で売買できる。一般的に売買はゲーム内で報酬としてもらえる独自の暗号通貨で取引され、最終的に現金に変換できる。

東南アジアを中心にNFTゲームが盛んとなっている。ベトナム発の「アクシー・インフィニティ」はフィリピンを中心に世界中で数百万人の利用があるとされ、ゲーム内の取引で得た資金で生活する若者も存在するという。

一方、日本ではNFTに関連する法整備が進んでおらず、企業がNFTゲームに参入しにくい状況だ。例えば従来のスマホゲームで人気の「ガチャ」を通じてNFTを獲得できる仕組みにした場合、賭博罪にあたる恐れもあるとされる。

サイバーはNFTゲームが普及しているアジアや米国で、月間取引総額60億円規模のゲームに育てる計画とみられる。同社のゲーム事業は21年9月期の連結営業利益の9割超を占める。スマートフォン向けゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のヒットで投資余力が増しており、ゲーム事業の拡大につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン