/

この記事は会員限定です

制御システムへのサイバー攻撃 まず「自分事」の認識を

名古屋工業大学教授 橋本芳宏氏

[有料会員限定]

米国の石油パイプライン大手が5月にランサムウエア(身代金要求型ウイルス)の被害に遭うなど、制御システムに対するサイバー攻撃が目立っている。制御システムへの脅威を防ぐ人材は国内で育っているのか。独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)でセキュリティーの「中核人材育成プログラム」の講師を務める名古屋工業大学の橋本芳宏教授に聞いた。

――日本企業の制御システムのサイバー対策の現状はどうなっていますか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン