/

この記事は会員限定です

MS&AD系、人権リスクの対応支援 上場企業向け新組織

[有料会員限定]

MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下のMS&ADインターリスク総研(東京・千代田)は、企業が抱える人権侵害リスクへの対応を支援する新組織を立ち上げ、7月からサービスを始めた。国は今夏をメドに、企業がサプライチェーン(供給網)上で抱える人権侵害リスクへの考え方などについて、ガイドラインを策定する方針だ。リスク対応の必要性が今後高まる上場企業を中心に、2023年度末

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン