/

ANA、2月に2割減便 新型コロナ再拡大で需要低迷

全日本空輸(ANA)は24日、2月に国内線67路線の3644便を減便すると発表した。同月の運航率(2020年度計画比)は81%と、1月から11ポイント引き下げる。新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の感染が広がる中で、需要低迷が続くとみてコストを抑える。

1月27~31日に29路線221便を追加減便することもあわせて発表した。1月27日~2月28日の減便数を路線別に見ると、成田―中部線(198便)や関西―那覇線(191便)などが多い。他にも東京(羽田・成田)や大阪(伊丹・関西)、那覇空港の発着路線を中心に幅広く減便する。

同日はスプリング・ジャパン(千葉県成田市)も2月の国内線の追加減便を発表した。日本航空(JAL)やスカイマーク、ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)も2月の国内線の減便を発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン