/

エムスリー、期末配当16円に 4円増額

医療情報サイト運営のエムスリーは24日、2022年3月期の期末配当を16円にすると発表した。前期に比べ4円の増額となる。成長投資に軸足を置きつつ、資金の需要動向やキャッシュフローの状況から配当を増やせると判断した。これまで今期配当は「未定」としていた。

株価は1年近く軟調だ。米金融政策が引き締めに向かう中、割高感のある銘柄への逆風が強くなっている。足元では製薬会社の医薬情報担当者(MR)の活動をオンラインで肩代わりする事業や新型コロナウイルスワクチンの接種支援が好調だが、コロナ収束後も高い成長を維持できるかが課題となる。

成長投資も維持する方針で「ほぼ1日1件のペースでM&A(合併・買収)を検討している」(エムスリーの谷村格社長)。1日には3Hホールディングス(東京・豊島)など治験支援を手掛ける3Hグループ4社を買収した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン