/

ソニーG、21年ぶり高値 インド放送事業の強化に期待

銘柄診断

24日の東京株式市場で、ソニーグループ株が5日続伸し、前日比640円(5%)高の1万3000円と、約21年5カ月ぶりの高値で取引を終えた。同社は22日、インド子会社が現地の放送大手と経営統合すると発表した。統合会社は放送事業でインド最大手となる見込みで、事業拡大を好感した機関投資家を中心に買いが広がった。

売買代金は885億円と東証1部の4位だった。22日、ソニー・ピクチャーズ・ネットワーク・インディア(SPNI)とインドのジー・エンターテインメント・エンタープライゼズが90日間の統合交渉に入る契約を結んだと発表した。競争当局などの審査を経て、2022年以降の統合となる見通しだ。SPNIは、ジー社との統合で、番組制作やコンテンツIP(知的財産)などメディアとしての競争力を高める狙いがある。

SMBC日興証券の桂竜輔シニアアナリストは、経営統合について22日付のリポートで「(ソニーGは)インドを重要な成長市場として位置づけており、その戦略の方向性に違和感はない」とコメントした。

予想PER(株価収益率)は23倍。松井証券の窪田朋一郎氏は「電機メーカーとしてみれば割高な水準だが、コンテンツを扱うネットサービス企業としては株価の上昇余地は残る」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン