/

この記事は会員限定です

リニューアブル・ジャパンのインフラファンドTOB成立

[有料会員限定]

太陽光発電所などの開発・運用を手掛けるリニューアブル・ジャパン(RJ)は24日、自社グループが設立したインフラファンドの日本再生可能エネルギーインフラ投資法人に対するTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。2022年秋にも上場廃止となる見通しだ。RJは発電所を開発して売却する事業モデルから、発電所を保有して継続的な売電収入を得るモデルへと転換をめざす。

TOBの期間は5月13日から6月2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン