/

この記事は会員限定です

米トレジャーデータ、新生の裏側 孫正義氏の言葉で奮起

[有料会員限定]

「脱クッキー」の動きが広がる中、広告主が主体となって取得する「ファーストパーティーデータ」の活用支援ツール「カスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)」への注目が集まっている。その草分け的存在が、米トレジャーデータである。同社の共同創業者で最高経営責任者(CEO)の太田一樹氏は、「5~10年後にCDPを持たない会社はなくなる」と展望する。広告だけでなく、あらゆる顧客と向き合う業務で不可欠なツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン