/

この記事は会員限定です

ウクライナ侵攻直前、身代金目的みせかけデータ破壊

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻の直前、ウクライナの組織に対してサイバー攻撃が仕掛けられた。

現状サイバー攻撃といえば、金銭目的のランサムウエア攻撃が全盛だ。不正侵入したネットワークのデータを暗号化し、復号したければ身代金(金銭)を支払うよう脅迫する。同時に暗号化前のデータを盗んでおいて、公表されたくなければ金銭を支払うよう求める「二重脅迫」が現在では一般的だ。

だが、ウクライナの組織に対して展開され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン