/

この記事は会員限定です

SBIグループ、食品流通を追跡 原産地偽装防止図る

倫理的調達の動きに対応

[有料会員限定]

SBIホールディングス子会社のSBIトレーサビリティ(東京・港)は食品などのサプライチェーン(供給網)追跡システムを開発した。製品や原材料の産地や流通経路を記録し、出荷先や消費者がアプリ画面で来歴を確認できる。産地偽装などの防止を図る。倫理的調達に対する消費者や投資家の視線が厳しさを増すなかサプライチェーンの透明化を図りたい企業の需要に応える。

新たに開発した追跡システム「SHIMENAWA(しめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン