/

この記事は会員限定です

ブリヂストン、工場再編で営業益240億円増加 今期

[有料会員限定]

ブリヂストンの2021年12月期は、生産拠点の再編に伴う採算改善により、連結営業利益(国際会計基準)が240億円ほど増える。仏ベチューン工場の閉鎖や、タイの工場でのトラック・バス用タイヤの増産などで固定費負担が減る。

減損損失などを除いた調整後営業利益は21年12月期に前期比85%増の3600億円を見込む。増益額は約1651億円で、このうち約240億円が工場の固定費改善などの効果となる。

大衆車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません