/

この記事は会員限定です

日産・トヨタ「メタバース」活用 仮想店舗や社内会議

[有料会員限定]

日産自動車トヨタ自動車が仮想現実(VR)技術を活用した空間「メタバース」の活用に乗り出した。日産は東京・銀座で運営するショールームの実店舗を仮想空間で再現し、企業PRや商品マーケティングに活用する。トヨタは仮想のオフィスを設け車両の開発会議や社員の日常的なやり取りに使う。自動車大手にも仮想空間を取り入れる動きが広がってきた。

日産は米スタートアップVRChat(VRチャット)のサービスを使って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン