/

この記事は会員限定です

生鮮荷動きじわり、緊急事態解除 需要の先行き見極め

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が1日、全面解除され、飲食店の酒類提供が可能となり営業時間も午後9時までに延長された。外食向けの食材を扱う生鮮市場でもじわりと取引が増えてきた。ただ、客足がどこまで戻るか見通しにくく、慎重な商いが続きそうだ。

9月30日の豊洲市場(東京・江東)。翌日の宣言明けに備えて、食材の下見に訪れる飲食店関係者の姿が目立った。鮮魚を扱う仲卸は「時短営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1049文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン