/

この記事は会員限定です

古紙在庫低水準続く 関東の10月末、前年比16.6%減

[有料会員限定]

製紙原料となる古紙の在庫が減少した。指標となる関東製紙原料直納商工組合(関東商組、東京・台東)の10月末在庫(32社分)は、段ボール・新聞・雑誌の3品合計で前年同月末比16.6%減の2万4556トンだった。前月末比でも11.6%少ない。

主力の段ボール古紙の仕入れは新型コロナ禍による回収の減少などが響き、前年同月末に比べ3.7%減った。在庫率(出荷に占める在庫の割合)は9.2%と、適正とされる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン