/

この記事は会員限定です

取締役会議長に社外取、プライムの3% 監督強化道半ば

[有料会員限定]

東京証券取引所の市場再編で実質最上位の「プライム」に上場を予定する企業のうち、取締役会の議長を社外取締役が務める割合が2021年12月末時点で3%(59社)にとどまることがわかった。プライムでは他の市場よりも一段高い企業統治が求められるが、企業統治指針では社外取締役比率を3分の1以上にすることを要請するにとどまる。監督機能の実効性向上へ、議長の人選や取締役会の機能向上が注目される。

上場企業が東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン