/

この記事は会員限定です

新市場開拓、顧客つかむ 21年に時価総額増えた企業

[有料会員限定]

日本経済新聞社は売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、2021年の平均時価総額の前年比増加額でランキングした。上位には設備のレンタルやデジタル技術を駆使して新市場を開拓し、顧客をつかんだ企業が目立った。2位は携帯会社向け通信設備シェアリングを手掛けるJTOWER。高速通信規格「5G」を巡る期待も時価総額を押し上げた。

2位 JTOWER 通信設備シェア、5G追い風

「通信設備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2330文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン