/

この記事は会員限定です

東電、シンガポールで送配電 現地企業と地下変電所

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスはシンガポールでエネルギー効率の高い送配電網を整備する。2021年度中に現地のエネルギー会社と組み、同国南部ラブラドール地区に地下変電所を建てる。低コストで安全に配慮した設計や工程管理、壊れにくい設備の仕様などでノウハウを共有し、電力の安定供給につなげる。

シンガポール政府系の電力・ガス事業者、シンガポール・パワーグループと協力する。国土の狭いシンガポールでは大型変電所を建てられる土地が少ないため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン