/

住友化学、オーストラリア農薬メーカーの株売却

住友化学は24日、オーストラリアの農薬メーカー、ニューファームの全株式を売却したと発表した。住友化学は2010年にニューファームの発行済み株式の20%を取得し、その後の保有割合は15.9%になっていた。政策保有株見直しの一環としている。

ニューファームはジェネリック農薬や種子などを手がける。両社は世界30カ国以上で協力して農薬を開発したり販売したりしており、こうした関係は「続けていく方針」(住友化学)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン